2011年11月6日西区で開幕します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さんのためのフットサル講座① (基本方針) 

だいぶ前の手稲前田中の興業にて
ちび(アドバイザー)・みっちゃん(現場監督)・I(守護神)・ある(代表)にて戦略会議を行いましたのでご報告を行います。

(1)基本方針
  
とにかく、守る!by Iさん(コンサカップ全道2位)
  攻撃は以下の2方法を基本とする。
   ①相手ミス時のボールカットからのカウンター攻撃
   ②味方キーパースローからの相手ゴール前へのポストまたは、バックヘット
      
    ※一度、試合に出てみて、もしかして、うちが強かったら方針を変更する予定です・・・。
ということで、以下にて基本の守備を説明します。

(2)基本フォーメーション
   ボックス型にします。
01基本フォーメーション
とりあえず、1・2節は、
 ○前側(①,②)榎木津、マスター 、ヒッキー、ROLLY 、キタダ 、テル   
 ○後側(③,④)みっちゃん、ジェームス、あるまんど、ハマー、guchy 、はせどん
 ○キーパー(正) Iさん  (副)出席掲示板の一番最後の参加表明者(1度すれば次回除外)


ちなみに下は、ダイヤモンド型と呼ばれるタイプです。
ダイヤモンド型

(3)守備の基本理念
   ① 飛び込まない     (無理に相手ボールを取りに行かない。)
   ② 抜かれない      (相手との距離を保つ)
   ③ シュートを打たせない(自分の位置を常に相手とゴールの間に置く)
   ④ プレスの位置はハーフウェーライン手前から。
   ⑤ プレスは、パスコースを1個つぶすことを心掛ける。

(4-1)基本的な守備位置(相手がボックス型の場合)
3基本的な位置(相手がボックス型)
※一応ゾーンで守りますが、自分と同じ番号の人がマーカーと考えてください。

① ハーフラインくらいまでは、プレスを仕掛けません。(攻撃が終わったら走って定位置へ)
② 基本位置は、敵(自分のマーカー)と自陣ゴールの直線上になるように、ポジショニングをとります。
                         (これにより、シュートコースを消すことになります。)
③ 前のディフェンダ①・②は、敵①・②の動きに合わせワイパーのような横移動を基本とします。
③ 前のデフェンダーは、自分のマーカーがボールを持ったら、プレスを掛けますが 
④ 無理にボールを取りに行かず(相手がミスした場合は、別ですが)
④ ドリブルで抜かれない様に意識します。
⑥ 後ろのデフェンダーは、1名がボールのあるサイドをケアーします。
⑦ もう1名は、中央ドリブル突破およびクロスパスのカットに備えます。

(4-2)具体的な守備の動き(相手がボックス型の場合)
相手がボックス型の場合の基本的な動き

 敵①がボールを持った場合

   ※目標は、敵①・②間で、何度も横パスさせ、ミスったときにボールカットし、カウンター攻撃!  

 (1)選手①は、敵③へのパスコースAを防ぎながら、敵①に早いスピードでプレスを仕掛け、プレッシャーを与えます。
 (2)この時、敵④のパスコースBを選手④がしっかり守っていれば、
 (3)敵①は、敵②への横パスCを出すことになります。
 (4)このとき、選手②は、あえて敵②から離れて、敵②にパスを出しやすい状況をつくっておけば
 (5)横パスBを出しやすい状況になります。
 (6)実際に敵②にパスが来たら、同様に選手②は、同様に素早くスピードでプレスを掛けます・・・
    敵①に横パスを出させれば、成功です。
 (7)これを、繰り返し、相手がミスするれば、ボールを奪いカウンター攻撃します。
 (8)また、横パスを読んで途中でパスカットするのもよいですが・・・無理はしません。
 (9)敵①が上手な場合、選手①をドリブルでかわし、Dのコースで侵入することがあると思いますが
 (10)このときは、選手②、選手③が対応し、中に入れないようにします。
         (無理にボールを取らなくてもよいです) 
 (11)選手①は、後追いせず、マークが甘くなった敵③をケアーします。

 (12)また、敵①は、敵④へのパスBを狙っていると思いますので、きちっとマークについてパスを出させないようにしてください。(選手④が、わざと敵④との距離をあけてパスカットを狙う方法もありますが・・・基本的には、やめときましょう。)
 (13)敵④にパスDが通ってしまった場合、選手④は、シュートコースを消す位置にポジションをとり
    まずは、体を寄せて前を向かせないようにし、敵④がバックパスを出すように促しますが振り向かせない


前を向いてしまったら、無理にボールを奪いにいかず、シュートコースを消すこと、中にパスをさせないポジションをとり、ライン際をわざと開けて、敵④がコーナーにドリブルすることを促してください。
敵④がコーナーにドリブルしたら、一緒に距離を保ちつつ動いてください。選手④のほうが中に近いわけですから、抜かれてゴールされることはないと思います。
このとき選手①,②,③は、ゴール前に戻ってゴールを固めてください。きっとなんとかなるで     しょう。 
  コーナーに追い込む

  
手稲前田中の興業において、over45チームを編成して、
みっちゃん、テル、キタダ、I、あるまんどVS momo、かわ、ホマレ、ケンとやりましたが

7分の半分までは、十分がんばれましたが、途中で燃料切れで、いじめられましたが
上手に交代して、体力を持たせれば、なんとかなると思います。
前半部分は、うまくできていたと、アドバイザーちびにもほめられましたが・・・。

以上が基本的な守備の考え方ですが・・・
敵は、ポジションを変えて動くので、
そーうまくは、いかんです!!


ご意見、ご希望お待ちしております。

相手がダイヤモンドの場合は、こんな感じ。
ダイヤモンド守備基本


コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~む・・・

ディフェンシブに行こうv-217
ってことでいいっすかね?

難しいのは苦手っす。

みんなで守りましょ!


はい、そうです。

joppinの掲示板にも、書きましたが、じゃんけんでローテーションを決めて
3・4分程度でどんどん交代しながら、みんなが均等に試合に出るように考えています。
このため、攻撃はともかく、どうしても、守備が曖昧になると思いますので
守備に関してだけは、基本的なものをつくり、途中でポンポンと交代して誰が入っても
考えだけは・・・、統一したほうが良いなーと思いまして・・・。

うまくいく、いかかないは、別問題ですv-221・・・・。










カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
予定表
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
お問い合わせ

名前:
ご自身のメールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。